ネット販売でトリキュラーを購入した場合の腹痛

トリキュラーはネット販売でも手に入れることができる低用量ピルですが、服用方法が特殊なのでマニュアルをしっかりと読んで正しい使い方をしなければなりません。腹痛が起きるのは服用を始めたばかりの女性に多いとされていて、2週間程度服用を継続することで、ホルモンバランスが安定するので腹痛などの副作用が出にくくなります。またトリキュラーをネット販売で購入した場合には医師からの指導を受けられないので、飲み忘れをしないように気を付けなければなりません。飲み忘れた場合には24時間以内の場合はすぐに服用すれば良いのですが、1日以上経過した場合には1週間服用を中止して、もう一度最初から服用を始めなければなりません。服用を忘れると生理の時のような出血が起きたり、生理痛に似た腹痛を起こすので、婦人科を受診して適切な対処をしてもらうことが大切です。トリキュラーはネットで購入した場合には定期的な検査を受けることができないので、血栓症のリスクに注意が必要で、とくに35歳以上で毎日15本以上のタバコを吸っている女性は血栓症のリスクが上昇するので、禁煙をしてから服用するか、トリキュラーの服用をしないかの判断が必要になります。トリキュラー服用のメリットとしては避妊効果が高いので妊娠する心配がなくなることや、生理の時の出血を少なくすることで、正常な社会生活が送れるようになることなどがあります。排卵が起こらなくなることで子宮内部が変化してしまって、性交痛や膣内の炎症が起きることがあります。トリキュラーを服用すると女性ホルモンによって起きる不快な症状や病気のリスクが下がるのですが、血栓症が起こりやすくなることや体がむくんでしまうことがあるので注意をしなければなりません。