ネットで処方薬を買う危険性

海外などで日本では処方薬と販売されているが一般薬として販売されドラッグストアなどで販売されているものを個人輸入してネットなどで販売されているものもあります。
ネットで処方薬を買う危険性は、とても高いです。
処方薬は、医師の診断のもと買うことができるのです。
その人の症状に合わせて処方されるのです。
処方されていない薬を買うことは、副作用の心配もあります。
また、ネットで販売されているものは、本物の処方薬か偽物の処方薬かがわかりません。
中には、本物の処方薬そっくりな偽物がネットで販売しているサイトもあるのです。

それを飲んで体に異常が出た場合は、や何が因果関係なのか、何によってそのような症状が出たのかがわからなくなってしまうのです。
そのため、適切な処置ができなくなってしまうのです。
また、ネットで処方薬を買ったものと一緒に他の薬を飲んだりして飲み合わせが悪くて異常をきたすこともあります。
医師の診断があれば、他の薬を飲んでいる場合、飲み合わせを考慮して薬を処方してくれるのです。
それができないのは大変危険なのです。

処方薬は、ネットで買うものではありません。
しっかりと医師の診断の元、処方されたものを薬局で調合してもらったものを買うことが大切です。